HOME >> ダンボール徹底解明 >> ダンボールの弱点は水気

ダンボールの弱点は水気

何かと便利だから使われているものですが元はといえば紙から出来ているようなダンボールに関しては、弱点というのがいくつもあると思います。

その中でも特に厄介なのが、水気になるのではないでしょうか?

それらダンボールが濡れてしまえば強度というものが弱ると思いますし、それ以上に下手をすれば脆くてぼろぼろに崩れてしまう事もあるはずです。

そうして考えていくと使い道を考え直さなければならないところも多いと思いますので、よく考えて使う必要がありまず。

じめじめとした湿気の多い場所なんかには、ダンボールの保管は向いては居ません。

どちらかというちゃんとカラっとした乾燥した部屋や、せめて湿度の低い場所などへの保存が無難な所でしょう。

外においてある倉庫なんかは、結構湿気などが溜まりやすい場所でもあるので、それらの保管をする時には充分注意をしなければなりません。

利用の為所は沢山あると思うのですが、そは言っても弱点も沢山あるという事は勿論の事、まずは注意していかなければならいない事にちゃんと目を向けていきましょう。

身近にあるものでもそれらの弱点をしっかり把握しきれている人というのは、案外少なかったりもするものですから、それらにはちゃんと目を向けていく事をお勧めします。


ダンボール徹底解明は情報収集にお役立てください。

ダンボールの隠れざる不思議な構造を徹底的に解明します