HOME >> ダンボール徹底解明 >> オーダーメード

オーダーメード

オーダーメード

世界中にたった1つのあなただけのオリジナルダンボールがあるで。

ダンボール・紙箱化粧箱は、ショップ名や商品名、ロゴ・オリジナルイラストなどを入れて作ると個性的で販売促進グッズやノベルティグッズとしても活用できます。

ブックスタンド、小物入れ・CO,DVDの保管など、ダンボールはその形を変える事ができます。

あなたのオリジナルで作るのであれば、ダンボールそのものの色ではなく、白やピンク・ブルー等の色を使った方がオシャレです。

ダンボールと言えばミカン箱やリンゴ箱を思い出します。

しかし、その箱の色はダンボール色が殆どです。

クラフト色のダンボールから、白が流行していますが、白にする為には、ダンボールを漂泊しなくてはいけないのです。

漂泊をする事で、一般的な作業工程が1工程増えると言う事なので、クラフト色よりは金額が上がります。

物流現場において、ダンボールの役割として、長期間倉庫等で保管されている場合など、白色のダンボールではかえって汚れが目立ってしまいます。

大量生産され、複雑な流通経路を通って販売される商品であれば白いダンボールでは、汚れてしまう可能性があり、また、コスト高になりながら白いダンボールを使う必要がありません。

このタイプはやはり便利なのです。流通のどの段階でどのような扱いをされるのか分からないのですから「汚れが目立たない」ことは必須です

会社やネットショップが白いダンボールを使う事は自社ロゴが入っているだけでも、見栄えが断然違います。

これは名刺などと同じことですが、社名などの文字印刷、オリジナルのロゴ印刷等も白地に施した方が良いにきまっています。

お客様が商品を受け取る際の印象もやはり違ってきますから、それだけ細部にまで気を遣っているショップなんだ、というイメージを持ってもらえる事もあります。

子どもと一緒に白いダンボールに絵を書いてオモチャ箱にしてしまうとか、部屋の整理にそのまま置いておいても白色でしたら、違和感もなく良いかと思います。

丈夫で、何でも入れておけるダンボールですから、部屋に1つ置いておいても何かと使えます。


ダンボール徹底解明は情報収集にお役立てください。

ダンボールの隠れざる不思議な構造を徹底的に解明します