HOME >> ダンボール徹底解明 >> ダンボールの弱点

ダンボールの弱点

ダンボールの弱点

ダンボールは元々紙から出来ています。

紙から出来ている為、最大の弱点は水に弱いと言う事です。

それでも色々と工夫をして、丈夫なダンボールを作れるように努力をしてきています。

下記にその努力の成果を書いておきます。

「ダンボールの構造」

ダンボールは、表裏に貼る「ライナー」と段をつける「中しん」に分けられます。

【ライナー】

・Kライナー(クラフトライナー)。

強度的にも優れており幅広い分野で使用されています。

1㎡当りの重さが180g・210g・280gの3種類あります。

グラム数が重いほど強く良い紙になります。

・耐水ライナー・撥水ライナー。

Kライナーの表面に耐水加工や撥水加工をした原紙で、おもに青果物(キャベツやレタスなどの野菜類)や果物の箱などに使われています。

・Cライナー(ジュートライナー)。

再生紙を多く含んだライナーで、強度的にはKライナーより落ちますが、価格的に安価で内装箱に多く使われています。

1㎡当りの重さ160gが一般的です。

・白ライナー。

KライナーやCライナーを晒したライナーになります。

贈答用や食品関係などで多く使用されています。

【中しん】

・一般中しん。

一般的に使用されている原紙で、1㎡当りの重さが120g・160g・180gの3種類があります。

グラム数が多くなるとダンボールが固くなります。

・強化中しん。

中しんを強化材などの薬品で固くし、強度を持たせた中しんになります。

1㎡当りの重さが180gと200gの2種類があります。

【ダンボールの仕組み】

ダンボールとは、波形に加工した紙に板紙を貼りあわせて作られています。

専門的には波形に加工した板紙を「中しん」と言い、貼りあわせる板紙を「ライナー」と呼びます。

【ダンボールの種類】

片面ダンボール:中しんの片面にライナーを貼り合わせたダンボール。

両面ダンボール:中しんの両面にライナーを貼り合わせたダンボール。

複両面ダンボール:両面ダンボールの片側に片面ダンボールを貼り合せたダンボール。

【ダンボールの厚み】

ダンボールを構成する厚みの種類

A段:みかん箱や青果物の箱など、一般的によく使用されています。

B段:小さい箱やギフト箱など、小さめの箱によく使用されます。

W段(AB段・Wフルート):大きな箱や重量物の梱包などによく使用されます。

その他にE段やF段などの厚みがうすいマイクロフルートと呼ばれる種類もあります。


ダンボール徹底解明は情報収集にお役立てください。

ダンボールの隠れざる不思議な構造を徹底的に解明します