HOME >> ダンボール徹底解明 >> "3"という数字の神秘

"3"という数字の神秘

「三人寄れば文殊の知恵」とか「三つ子の魂百まで」、「石の上にも三年」、「三度目の正直」、「早起きは三文の得」、「仏の顔も三度まで」、「三度目の正直」......など、日本には"3"という数字のつく諺や教訓がたくさんありますね。

仏教でも、「父親と母親から子供が生まれる」と言う時には3という数字が関わって1つの完成されたものを創りだすことから、"3"は完成された安定感のある数字とされていますし、他にも「仏教の三宝」、「三位一体」、「仏教の三界」、「三途の川」、「」など"3"はいたるところで使われています。

また、"松島、宮島、天橋立"を「日本三景」、"赤・黄・緑"を「色の三原色」、"大関・関脇・小結"を「相撲の三役」、"高野山・比叡山・恐山"を"日本三大霊場"などというように、1つのテーマで際立ったものを3つに絞ってひとくくりにしているものも多いのですが、この3つにまとめるという思想は中国やキリスト教以前のヨーロッパにも共通していて、キリスト教でも、"精神、認識、愛"や"信仰、希望、慈愛"が「三位一体」を創りだすと考えられていたり、聖書の記述にも"3"に関する表現があちこちに見られます。

物質を作っている原子にも、安定を求めて三角形に並びたがる性質があると言われますが、
自然界を支配している"3"や、"3"を好む人間、四角よりも安定性が高くて強い三角形という構造など、考えれば考えるほど"3"という数字は神秘的に思えてきます。


ダンボール徹底解明は情報収集にお役立てください。

ダンボールの隠れざる不思議な構造を徹底的に解明します