HOME >> ダンボール徹底解明 >> 他素材の併用

他素材の併用

ダンボールは梱包材としてとても優秀な素材です。

ダンボールそのものが加工しやすいので、中身や使用用途に合わせた梱包材を新しく作り出すことも可能ですし、実際、引越しなどの際にはさまざまな使用用途に合わせた新しい形の梱包材が用意されている専門業者などもあります。

しかし、もちろんダンボールがどんなに優秀な素材であっても中に入れるものとの相性というものがありますので、他の素材、たとえばエアーキャップや発泡スチロール、ミラーマットなどと合わせて使うことによって、より多様な使用方法が可能になりますので、必要な場合には、必要な緩衝材を併用すると良いでしょう。

もちろん、ダンボールを使った緩衝材というものもあり、現在では巻ダンボールなどを利用して発砲スチロールなどの代わりとしているケースなどもありますので、これからは緩衝材の他、さまざまなシーンでもっとダンボール素材を上手に使う方法が提案されるかもしれません。


ダンボール徹底解明は情報収集にお役立てください。

ダンボールの隠れざる不思議な構造を徹底的に解明します